ネットの壺 意外と知らない!? ひな祭りの起源や由来
意外と知らない!? ひな祭りの起源や由来
そろそろ五節句の1つ「上巳の節句」ですね。
なので今回は3月3日行われる行事の「ひな祭り」について取り上げていきたいと思います。

日本には数多くの伝統行事が存在しますが現代の多くの人は意味を知らずに伝統行事を行っています。
突然ですが、
「ひな祭りは何をする日で、どのような意味や由来がありますか?」
そう聞かれて答えられる人は実際少ないと思います。
なので今回は「ひな祭り」について書いていきます。

ひな祭りの起源や由来

起源は、平安時代中期に季節の節目に災難や厄から身を守り、良い幕開けを願うための節句が始まりとされています。
その頃の人々は3月の初めの巳の日に「上巳の節句」と言って無病息災を願う祓いの行事をしていました。
祓いの行事では草や藁で作った人形で自分の体を撫でて穢れを落とし、その人形を川に流すことで厄払いをしていました。
一方で、貴族階級の女の子の間で紙を使った「おままごと」という遊びが流行っていました。
これを「ひいな遊び」というのですが、この「ひいな遊び」と川に流す人形が結びついて「流し雛」が誕生しました。
さらに江戸時代になると人形作りの技術が格段に向上したことで川に流すのでなく家で飾るようになっていきました。

今では女の子の日と言われているひな祭りですが、昔の「上巳の節句」は男女共通の行事として厄払いが行われていました。
江戸時代に江戸幕府が「上巳の節句」を3月3日に定めました。
さらにひな人形を飾ることから、この日を女の子の日と決めました。


ひな祭りのお祝いの相場

ひな祭りのお祝いでは、一般的に「お金」を渡しますが地域によって風習が異なります。
人形や洋服や靴などの品物を贈る場合もあります。

では「お金」の場合はいくら渡すのが相場でしょうか?
親族で1万から3万円くらいで
友達で5千円から1万円くらいが目安だと言われています。


ひな祭りで食べる物
ひな祭りでは縁起物を食べると良いといわれています。
縁起物の中でも
ちらし寿司、ハマグリ、お吸い物、菱餅、ひなあられ、白酒
が一般的だと思います。
厄除けにも良いと言われる縁起物です。
ちらし寿司とお吸い物を作って女の子の無病息災や厄除けをしてみてはいかがでしょうか。
以下はクックパッドのレシピです。
クックパッド ちらし寿司
クックパッド お吸い物


まとめ

年に一度の「ひな祭り」。
子供の無病息災を願って「ひな人形」を飾ったり美味しい縁起物を作ってみてはいかがでしょうか?
女の子の日と言われていますが男の子の無病息災のためにひな祭りの行事を行っている家庭も今では多くなってきています。
お子さんがいる家庭ではぜひ「ひな祭り」で厄払いをしましょう。


スポンサーサイト
テーマ:雑記
ジャンル:その他
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック