ネットの壺 今が満足ならそれで良いですか?
今が満足ならそれで良いですか?
今回は、ふと思ったことがあったのでそれを記事にします。
ビジネスや投資に偏見がある人とビジネスや投資をしている人とでは考え方が異なります。
自分がビジネスや投資をしていて家族や知人にビジネスや投資に偏見がある人がいたら関係が崩れかねないですね。
キャッシュフロークワドラントでも書きましたが偏見を持っている人とビジネスや投資をしている人とではどのような考え方の違いがあるのでしょうか。

ビジネスや投資に偏見がある人の考え方
・今の現状が良ければそれで良い。
・投資を無駄な出費だと思っている。
・自分が経験してきたことや知っていること以外は信用できない。
・汗水を流して働くのが正しいと思っている。
・お金を失うのが怖い。
・安定を望んでいる。

ビジネスや投資をしている人の考え方
・投資やビジネスを始めることで将来が楽になる。
・目先の利益より遠い先の利益の方が大きい。
・汗水を流して稼ぐことだけが正しいと思っていない。
・新しい発見を価値に変えたいと思っている。

大雑把に書きましたが、このような考え方をしている場合がほとんどです。
ほとんど真逆と言っていいくらいの違いですね。
自分が本当にビジネスや投資をしていきたいと思っている方は、家族にビジネスや投資に偏見がある人がいるならば自分の意見をしっかり伝えて理解を得ることをおススメします。
家族がビジネスに興味や理解を持つことでビジネスパートナーとなりお互いを支えあいながらビジネスができるかと思います。
自分も最初は家族との衝突がありましたが、ビジネスをするメリッや投資のリスクの低さや自分の将来のビジョンを時間を掛けて話して理解を得て現在に至っています。
みなさんも家族や知人に反対されてビジネスや投資をするのを躊躇しているならば周りに理解を得れるまで説明するのが良いかと思います。

今回はいつもと違って自分の意見を書きました。
みなさんのお役に立てれば幸いです。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック