ネットの壺 これで勝てる!じゃんけん必勝法!!
これで勝てる!じゃんけん必勝法!!
今回は「じゃんけん」の必勝法を書いていきます。
何かと物事を左右させることのある「じゃんけん」ですが、
みなさんは「じゃんけん」で勝つのは運だと思っていませんか?
実際に「じゃんけん」が強い人は存在していて運などではありません。
それでは必勝法を書いていきます。

データ分析で勝つ

相手が「グー・チョキ・パー」の3パターンのどれを出すかをじゃんけんするたびにデータをとります。
さまざまな人とじゃんけんをして最初の一手でどれが出されやすいかを分析します。
何回もじゃんけんをしている人が相手なら癖などがある場合があるので、そのつど臨機応変に対応しましょう。
一般的にはじゃんけんの最初の一手は「グー」が出されやすいといわれています。

心理戦で勝つ

じゃんけんでは心理的要素が大きいといえます。
「グー・チョキ・パー」それぞれの手について解説していきます。

・グー
瞬時に手を出すときに出されやすい。
感情的なときに出されやすい。
最初はグーから始まるので手の形は作りやすい。
一番出しやすい手です。

・チョキ
熟考してから手を出すときに出されやすい。
何を出すか悩んでいる人はチョキが出ることが多い。
そのため思慮的な人が最初に出す手です。
じゃんけんのときの手は一番作りづらいです。
一番出しにくい手です。

・パー
グーとチョキの中間の手です。
グーとチョキの間くらいの頻度出てくる手です。


あいこになったときは、
「グー」であいこになったならば相手はそれに負ける「チョキ」は出しづらくなります。
よって「グー」であいこになったときは相手は「グー」か「パー」を出すと思います。


動体視力で勝つ

相手の手の動きを見てから手を出す方法です。
あまりにも相手より手を出すのが遅ければ後だしになり負けにされることもあります。

相手の手をじっと見つめて指が少しでも動いたら「チョキ」か「パー」が出されると思います。
逆に動きが全く無ければ「グー」が出されるかと思います。

しかしこの方法で勝つにはかなりの動体視力が必要なので鍛える必要があります。


まとめ

どうでしたか。
運だけじゃ勝てないのが「じゃんけん」です。
データ分析、心理戦、動体視力。
これらを駆使して「じゃんけん」をしてみてはいかがでしょうか?
「じゃんけん」で大事な大一番などがあってどうしても勝ちたいと思っている人は一度実践してみてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック