ネットの壺 全世界が注目!仮想通貨のETF承認
全世界が注目!仮想通貨のETF承認
ビットコインがETF化する!?

現在、最も波に乗っている仮想通貨と言われたら、ビットコインですよね?

投資に興味がない人でも、テレビやネットのニュースで、聞いたことがあるかと思います。


ウィンクルボス兄弟が、世界初の「ビットコインETF(上場投資信託)」を立ち上げようと、SEC(証券取引委員会)に申請書を提出しました。

ETFが承認されれば、ビットコインが有価証券化して、証券取引所に上場します。


そうなると、ビットコインが金融商品となり、市場が飛躍的に広がることになります。

これまでビットコインに興味があったけれど躊躇していた投資家だけでなく、経済不信のある国の国民などの一般的な人たちにとっても、ビットコインに参入するハードルが低くなり、投資しやすくなります。




大規模な価格変動が起こる


3月11日にアメリカで、ビットコインのETF承認の可否が決定します。

可決すれば新規参入者が増えて、ビットコインを買う人が増えるので、大幅な価格の上昇が見込めます。

逆に、否決されればビットコインの信頼は、ガタ落ちになり不信になって、ビットコインを売る人がたくさん出るので、大幅な価格の下降が起こると思います。


去年の3万円から15万円の価格変動より、大きな変動が起こる可能性があります。




ETF承認可否についての見解


ビットコインのような、目新しい投資媒体の上場に対して、証券取引委員会が可否について判断する上で、最も厳しく吟味するのは、ビットコイン(原資産)の動きに正しく連動するかです。

ビットコインは、秒単位で価格が変動するので、値動きが極めて荒いです。

なので、ビットコインの値動きの変化を、如何に最小限にとどめられるかと言うことが、大切です。


証券取引委員会は、投機的な中国人投資家が多くて、中心的存在であることが懸念材料となっています。



現在は、成熟した市場がある金も、過去にETF化しました。

金もビットコインと同じく、中国が最大の市場なので、似ている面が多々あります。


自分の見解ですが、ビットコインETF化の承認は、可決するかと思います。




まとめ


ビットコインは、金融不信が多い国での通貨リスクの分散には良いです。


ETF承認されることにより、全世界で認められ、安定した市場になります。

そうなると、通貨リスクは、更に減らすことが出来ます。



最近飛んだ、人気HYIPのRightriseやエックスバイナリーも、ビットコインでの運用がメインでした。

飛んだ原因は、ETF承認と大きく関係があると思います。


ビットコインのETF承認が可決されれば、このようなHYIP案件が増えるかと思うので、ビットコイン新規参入者などは注意が必要です。

このようなことから、3月11日のETF承認には要注目ですね。


ビットコイン投資を始める方はコチラ!


簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck




日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin




スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック