ネットの壺 中国経済と仮想通貨
中国経済と仮想通貨
最近このブログでも多く取り上げている仮想通貨。

実は、中国経済と大きくかかわっているのです。

中国経済と仮想通貨の現状を再確認して、今後の投資について考えてみましょう。



仮想通貨と中国経済の関係

中国は、世界で人口が最も多い国で、GDP(国内総生産)がアメリカに次ぐ2位の大国です。(2017年4月4日現在)

そんな中国ですが、後にも書きますが、経済的状況が良くありません。

そのため、人民元安などのリスクを回避するためにビットコインなどの仮想通貨に変える人たちが増えています。

仮想通貨でダントツでトップを走っているビットコインの、中国の取引シェアは、世界の9割を占めていると言われています。

このことから、仮想通貨の値動きと中国経済や人民元の値動きは密接にかかわっていると言えるでしょう。

中国の資本が海外に流れないように、2017年1月に企業だけが対象だった規制を個人にまで広めたようです。



現在の中国経済について

中国経済は、徐々に悪化しています。

まさに八方ふさがりとも言える状況です。

中国経済への不安感から資本流出が続いていて、これに対しても強い規制をしているほどです。


外国為替市場では、さらに元安ドル高への圧力が強まると言われています。


また、アジア株が総じて下落しています。

上海・香港市場は休場するほどです。


このことから中国経済は、最悪の状態だと言えます。

中国経済が回復するのは、早くても来年以降になるかと思います。


ちなみに、中国経済の悪化で、日本に全くダメージが無いかと言われるとダメージが無いわけじゃありません。

中国に多額の投資をしてきた日本企業や、旅行産業や小売業界も打撃は受けます。



仮想通貨の今後の動向

これからさらに、インターネットが普及してインターネット社会になっていきます。

そうなると、様々なインターネットを使った買い物やサービスが増えます。

その時の決済方法で注目されているのが仮想通貨です。

主にネットショッピングやゲームやオンラインカジノやブックメーカーなどの決済方法として注目されています。


三菱東京UFJ銀行が先日表明した、仮想通貨のリップルのリップルネットワークを使った国際送金も2018年よりスタートします。

このことから、リップルはもちろんですが、仮想通貨全体が注目されて価値があがります。


現在、仮想通貨のトップであるビットコインをアルトコイン(リップルやイーサリアムなど)や新しい仮想通貨が追い抜く可能性もあります。

これからの仮想通貨全体の動きに要注目ですね。



まとめ

仮想通貨と中国経済は、ほぼ連動していると考えましょう。

中国経済が悪くなることにより、人民元が仮想通貨に流れてくる。

これは、必然的だと思います。

日本の経済が不安になってくれば、日本円を外貨や仮想通貨に換える人が出るのと同じ考えです。


中国経済が悪化していて、逆に仮想通貨は進歩していっている。

それが現状です。

これから先まだまだ仮想通貨は、注目され伸びると思います。

この機会に投資をするのをおススメします。




↓仮想通貨を買うならこちら↓


日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック