ネットの壺 仮想通貨リップル公式発表まとめ(2017年4月7日現在)
仮想通貨リップル公式発表まとめ(2017年4月7日現在)
仮想通貨の中でも、ビットコインに次ぐ盛り上がりを見せているRipple(リップル)。

今回は、このリップルについてと発表されたことをまとめていこうと思います。

1人でも多くの方に、仮想通貨に興味を持っていただければ幸いです。




リップルはなぜ注目されているか?

仮想通貨で一番有名であり、トップシェアを誇るビットコインではなく、なぜリップルが注目されているのか。

リップルの仕組みが、ビットコインの欠点を補った仮想通貨だからです。

リップルがビットコインと大きく違う点は、単一のオンライン通貨ではないということです。

1リップルの料金を支払えば、ドル、ユーロ、円、さらにビットコインでさえ、金銭を送受できるのです。

さらに、決済のシステムがビットコインよりも早く、数秒で簡潔します。

そのため、後にも説明しますが、銀行での金銭の送金への利用が見込まれています。

さらに、Googleをはじめ、シリコンバレーで有名なベンチャーキャピタルが投資をしているのも注目の一因です。




リップルの狙い

引用

今の時代遅れのクロスボーダー決済システムの問題に直面したとき、完了に3~5日を要する原因となる取引量の対処に苦しんでいる銀行にとって、私たちはしばしばスケーラビリティの問題に焦点を当てます。世界中の誰かに瞬時にテキストメッセージを送ることができる時代には、永遠のように思える日数です。リップルの希望は、これらの日々を待つのではなく Internet of Value を作り出すことで、私たちが現在情報を動かすのと同じ方法でお金を動かすことが出来るようにすることです。しかし、フィンテック企業が成長するにつれて、スケーラビリティとパフォーマンスが懸念されるようになっています。VisaやAmerican Expressなどの企業のレベルまでトランザクション・スループット(1秒あたりのトランザクション数で測定)を向上させてこれらの問題を解決できない者は置き去りにされるでしょう。

私たちは、Internet of Valueを生活にもたらすRipple Consensus Ledger(RCL)とインターレジャープロトコル(ILP)を改善するいくつかの新機能を発表することに非常に興奮しています。ILPは今、全世界の台帳上の価値と相互接続できる一つのネットワークを構築し、デジタル資産、従来の支払い、および従来の金融界のニーズを満たすためにRCLと通信することができます。世界のすべての価値を元帳に相互接続できるネットワークを構築します。リップルは今、これを達成するための最適なネットワークになりました。

RCLのパフォーマンスとスケーラビリティを向上させる2つの新機能、EscrowとPayment Channelは、今日すべてのユーザーにとってアクティブになりました。Escrowを使用すると、RCLとILPは、割り当てられた時間、または特定の条件が満たされるまで、XRPを保護するために通信することができます。これは、サービスが完了するまで、または誕生日などの瞬間まで資金を保持するために使用できます。エスクローの利点は2つあります:1)仲介者を信頼することなく、この作業を安全に完了します。そして2)資金をホールドする機関が1つもありません。伝統的に銀行は金庫を使用することでこれを行ってきましたが、これはデジタル資産のためにこれを手助けする初めての簡単に利用可能なその種の機能です。

デジタル資産が普及するにつれ、多くの人々は、これらの技術が高水準のボリュームを処理するように設計されておらず、結果としてトランザクションが数秒から数日に減速していることに気付きました。この問題を解決するため、Rippleは、RCLに固有のデジタル資産であるXRP用に特別に設計された独自のPayment Channelを構築しました。XRP Payment Channelにより、トランザクションのスループットは1秒間に数万トランザクションに増加し、Visaと同レベルのスケーラビリティを実現します。XRP Payment Channelは、クレジットカード決済と同じくらい速く送金できるため、人々が送金する方法や支払い業界全体を変えることができます。

これらの新機能は企業がRCLとILPを採用することを可能にし、その技術を使用する企業はXRPによる利益を受け取り、クロスボーダー決済のためのより迅速で安価なエクスペリエンスを提供します。XRPは特に流動性が悪く銀行インフラストラクチャが古い、または存在しない新興市場で、流動性が向上し利便性が向上するため、流動性の最適な選択肢になります。このマイルストーンは、ILPと共にXRPの強みを強調します。

Rippleの長期的な目標は、Internet of Valueを実現にすることです。これを達成するには、適切なインフラストラクチャが整備されている必要があります。新しい機能の実装により、ILPとRCLは必要なインフラストラクチャを提供し、Internet of Valueを実現するための未来を切り開きます。毎秒数万件のトランザクションを送信する能力は、IoVに向けた大きなステップであるだけでなく、グローバル決済のカテゴリリーダーとしてのRippleの発展を支援し続けます。私たちは、Rippleが金融業界を価値の移転の新しい定義に導く New World Order を楽しみにしています。


Ripple(和訳)




外国の銀行への金銭の送金に日数がかかっていたのを、クレジットカード決済と同じくらい速く送金をして、業界全体や人々が送金する方法や支払いを変えることを狙いとして作られたのがリップルです。

これが実現することにより、リップルは更に大きな資産価値が産まれます。




日本最大手の銀行がリップルの技術を活用する

引用

MUFGの銀行部門世界第3位の銀行であり、日本最大の銀行である三菱東京UFJ銀行(BTMU)は本日、リップルのグローバルペイメントステアリンググループ(GPSG)に参加すると公表した。 MUFGは、GPSGに加盟する最初の日本の銀行として、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ、サンタンデール、スタンダード・チャータード、ウェストパック・バンキング・コーポレーション、ロイヤル・バンク・オブ・カナダ、CIBCに入金取引ルールの管理と強化を監督するとともに、リップルズネットワーク。

リップルのCEOであるブラッド・ガーリングハウス(Brad Garlinghouse)氏は、次のように述べています。「世界最大かつ最も先進的な銀行のひとつであるMUFGが、 「サンドボックスでは他の多くのプレイヤーが引き続きプレイしていますが、MUFGは世界中で支払いに革命を起こすという私たちの使命に私たちが参加したことを嬉しく思っています。

世界最大の銀行のひとつであるMUFGは、顧客体験を向上させ、金融サービスのグローバル展開に貢献するために、fintechを継続的に活用しようとしています。既存のシステムの苦境や遅延、コスト、可視性の欠如など、国境を越えた支払いの課題に取り組むために、Rippleと提携することを選択しました。さらに、Rippleのネットワークは、国境を越えた支払いのための規則、基準、ガバナンスが定められた唯一のブロックチェーンバンカーネットワークです。

「MUFGデジタルイノベーション部門の総裁、愛原博文氏は、「リップルのグローバルペイメントズステアリンググループに参加することを喜ばしく思います。 「MUFGは、お客様や社会により良いサービスを提供するために、fintechで幅広く取り組んでいます。 MUFGは、GPSGの他のメンバーと協力して、Rippleのネットワークの標準化に貢献します。

我々は成長するグローバルコミュニティにMUFGを歓迎し、完全に最新の決済ネットワークのルールとガバナンスを構築する上での継続的な協力を楽しみにしています。


Ripple(和訳)




日本最大手の銀行である「三菱東京UFJ銀行」が2018年初から、リップルの技術を活用し即時決済を可能とする国際送金サービスを始めます。

三菱東京UFJ銀行を筆頭に、バンクオブアメリカ・メリルリンチ(アメリカ)、スタンダードチャータード銀行(イギリス)、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(イギリス)、サンタンデール(スペイン)、CIBC(カナダ)、ウエストパック銀行(オーストラリア)で、今後さらに90行程度が参加する可能性もあるとのことです。

りっぷる1111010511

送金にかかる手数料が安くなり、送金までの時間も短縮できるのが狙いです。

ビットコインと違い、素性がはっきりしているので、安全性に関しても高い評価があるので活用されるのでしょう。




三菱東京UFJ銀行以外の国内銀行でも活用される

りっぷる11110105112

リップルが発表した、リップルの技術を活用する予定の日本の銀行(邦銀)の一覧です。

黄色い枠で囲まれたのが、リップルの技術を活用する予定の銀行です。

上記には記載されていませんが、去年の10月に、邦銀42行がRipple(リップル)を利用した国内外為替一元化のためのコンソーシアムを設立しました。

コンソーシアムの正式名称は、「国内外為替の一元化検討に関するコンソーシアム」です。

参加している邦銀は、以下の画像よりご確認ください。

りっぷる11110105112111

見てわかる通り、かなりの数の大手の銀行が名を連ねています。

これからも、リップルを活用する銀行が増えると思います。




日本の仮想通貨法施行についてリップルの反応

このブログでも過去に取り上げた、2017年4月1日より施行された仮想通貨法。

この法律により仮想通貨は、正式な決済手段として国から認められることになります。

りっぷる111101051121

このことについて、リップルのTwitter公式アカウントは、

「日本の新しい法律(仮想通貨法)が仮想通貨を検証していることを喜ばしく思っている。」

とコメントしました。

仮想通貨法に対して、良い反応を示してくれているのがわかりますね。


仮想通貨法の記事はコチラ→2017年4月1日より“仮想通貨法”施行




リップルの価格はいつ頃あがる?

リップルの価格が高騰する波が2度あると思います。


1度目は、リクルートライフスタイルが、2017年夏よりAir レジを導入してビットコインによる支払いが可能になるときです。

この時に決済に使われる、ビットコインの取引所がCoincheck(コインチェック)です。

コインチェックは、リップルを取り扱っているため、新規参加者がリップル(XRP)を買うことにより価格が上がると思われます。

詳しくはコチラ→コインチェック-リクルートライフスタイル ビットコイン決済を提供


2度目は、銀行がリップルネットワークの技術を活用した金銭の送金サービスを開始する2018年です。

こちらは、確実にあがるとタイミングです。


どちらにせよ、早めにリップル(XRP)を購入して保持しておくのが良いかと思います。



まとめ

リップルは、数年内に必ず価値があがります。

早めに持っといて損はないと思います。

「あの時買っていれば。」

と後悔しないためにも、1000円だけでも投資してみるのも良いかと思います。


「投資したいけれど、やり方がわからない。」

「詳しく知りたい!」

と思っている方は、コメントかTwitterけん@ネットの壺にダイレクトメッセージを頂ければ詳しく教えます。



↓リップルが買えるビットコイン取引所はコチラ↓

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック