ネットの壺 準中型免許新設について
準中型免許新設について
今回は平成29年3月12日から施行させる新免許区分「準中型免許」について書いていきます。
今の自動車の免許区分は「普通免許」「中型免許」「大型免許」の3つに分けられています。(2017年2月8日現在)
中型免許は普通免許を取得してから2年、大型免許は普通免許を取得してから3年が経たないと取得できませんでした。
そのため運送業で多い中型トラックに乗るのには普通免許を取得してから「2年待ち」の縛りがありました。
しかし今回導入される「準中型免許」は普通免許と同じく18歳から取得できるので2年待ちをしなくても中型クラスのトラックにも乗れるようになります。(中型免許よりは乗れる大きさは限られます。)
そのため高校を卒業してすぐに運送会社でドライバーとして勤めることも可能になるということです。
免許の区分が変わって準中型免許が新設されるだけではなく普通免許の乗れる車が狭まります。
平成29年3月12日までに普通免許を取得した方は車両総重量5t未満・最大積載量3t未満までの車に乗れるけれど平成29年3月12日以降に普通免許を取得した方は車両総重量3.5t未満・最大積載量2t未満までの車にしか乗れなくなります。
そのため現在教習所に行っている方は平成29年3月12日までの免許取得をおススメいたします。
高卒で運送業に就きたい方は準中型免許を取得してみてはいかがでしょうか。
運送業は給料が高く他人と関わる時間が少ないので気楽に仕事できるので高卒の方には良い仕事だと思います。
これからネットショップやネットオークションが発展していくのと比例して物流ドライバーが増えていくと思います。
なのでこれから先も仕事が絶える可能性が低いので運送業はおススメの職業です。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック